税金を納付するほうがお金は貯まる? | 税理士なら神戸市三宮の神戸すえひろ税理士法人

078-252-2885お問い合わせ

税金を納付するほうがお金は貯まる?

「どうすればお金が貯まりますか?」
お客様から、このような質問を頻繁にお受けいたします。

この質問に対しては、私はいつも次のようにお答えいたします。
「税金を払わなければお金は貯まりません。」

初めてこの言葉を聞いたお客様は「???」という顔をされることが非常に多いです。
「お金を貯めたいから、税金を少なくしたい」という思いで質問をされているのに、まるで逆の回答が返ってくるわけでございますから、戸惑いを感じる方もいらっしゃるのは当然であると思います。

しかし、「税金を払わなければお金は貯まらない」という考え方は、税金を捉えるという意味においては必要であると思います。
少し騙された感じがするかもしれませんが、簡単に説明させていただきたいと思います。

まずは、次のように仮定します。
・「利益」=100万円
・「税率」⇒20%(一定)
※この場合の税金は「利益」×「税率」つまり、100万円×20%で20万円とします。

事業主の方は、この20万円の税金をできるだけ少なくしたいと考えます。

この税金を少なくするためには、「税率」が一定である以上は「利益」を少なくする必要があります。したがって、「利益」が50万円になりますと、50万円×20%で税金は10万円となります。(もっと極端な例を考えますと、利益がゼロになると税金もゼロになります。)

①節税をした場合

ではどうすれば「利益」を100万円から50万円にすることができるのでしょうか?
答えは簡単です。「利益」は「売上-経費」で計算しますから、「経費」を50万円増やせばよいのです。
しかしながら、「経費」を50万円増やすということは、50万円のお金を使うということですから、結果的に手元からお金が50万円なくなります。
つまり、最初の100万円の「利益」から、使った分の50万円の「経費」を差し引いて、50万円の「利益」となり、そこから税金10万円を納付すると手元に40万円しか残りません。

②節税をしなかった場合

では、何もしなかった場合を考えてみましょう
「利益」は100万円のままで、税金が20万円ですから、100万円から納付した税金20万円を差し引きますと、手元に80万円のお金が残りました。

③より多くお金が貯まるのは?

整理してみましょう。
50万円の「経費」を使いますと、「利益」は50万円になり、税金は10万円となりますが、手元には40万円しか残りません。
節税をしない場合は100万円の「利益」に対して税金20万円を納付するものの、手元に80万円残ることになります。
このように、節税をせず、税金を多く納めたほうがお金は貯まるという結論が導き出されました。

「税金を払わなければお金は貯まらない」
この考え方は、むやみにお金を使うことだけの節税ではお金が貯まらない、という間違いのない「真理」をあらわしています。
しかしながら、決して「節税」を否定するものではありません。
「節税」という大義名分のもと、あとさきを考えない支出に対して、必要以上の投資になっていないかを再考するきっかけとするべきものであると私は考えます。