TEL:078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(相続発生後のご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせ

子供名義、孫名義の預金について(後編) | 相続が得意な税理士なら神戸三宮の【相続あんしん相談室】

コラム

子供名義、孫名義の預金について(後編)

・「どうしよう…うちのアレって名義預金になるのかもしれない・・・!!」

・実は名義預金だが、相続財産に入れずに相続税申告を行ってしまった!

・名義預金があるが税務署から指摘されるかどうかを相談したい!

・相続税の申告漏れを指摘されたくないので、きちんと対策しておきたい!

以上のような点でお悩みの方は、ぜひ一度神戸すえひろ税理士法人にご相談ください。

なぜ見つかる?名義預金が見つかってしまう理由

「相続税の申告をしなくても大丈夫だろう!」と思っていらっしゃいませんか?

実は、“預金の名義を変更”していても、“被相続人がお亡くなりになる前に、預金を現金で引き出し”ていても、これらは「名義預金」と呼ばれるものであり、相続財産になる可能性があります。

そして、相続税申告時にはこれらは全て税務署に把握されてしまいます!

税務署は、なぜ名義預金を見破るのか。

それは、相続税申告時、銀行預金口座から、どのようなお金の動きがあったかすべて確認できるからです。

ですから、税務署から、

「■■日はなぜ〇〇万円引き出しがあるのですか?」

「どのような目的で使われたのですか?」

「お孫様はまだ小さいと思いますが、この月々の入金はどなたがされているのですか?贈与ではありませんか?」

という質問が来るという可能性も、非常に高いのです。

もしも、見つかってしまったら?

子供(孫)名義で預金していたことが、相続税申告後に税務署にわかってしまった場合、どうなってしまうのでしょうか?

下記のようなペナルティを受ける可能性がありますのでご注意ください!

① 相続税の再支払

申告漏れの財産に対し、相続税を支払わなければなりません

② 延滞税

相続税の支払いが遅延してしまったペナルティとして、延滞税を支払わなければなりません。

③ 過少申告加算税

申告の財産が少なかったペナルティとして、過少申告加算税を支払わなければなりません。

この記事の監修者

税理士
佐野理子

相続担当税理士

税理士法人番号 第3774号

相続担当税理士として、お客様からのご相談をお受けさせていただいております。
これまで多くの相続税申告に携わってまいりました経験をもとに、相続人のみなさま方の立場に立ってご相談をお受けし、申告業務を進めさせていただきます。

コラム一覧へ戻る

神戸すえひろ税理士法人
相続あんしん相談室なら

  • 相続専門チームによるスピード対応
    (最短2週間でお受けすることが可能です。)
  • 税務署に指摘されにくい申告書の作成
    (書面添付制度を積極的に利用します。)
  • 担当税理士、元国税調査官税理士、代表税理士による申告書のトリプルチェック
  • 申告内容をもとに分かりやすい料金体系
  • 相続税申告だけでなく、登記や各種手続き全般をサポートします。
  • 二次相続シミュレーション、生前対策にも対応
  • 各線三宮駅から便利なアクセス
    (各線三宮駅より地下道にて直結、神戸市営駐車場隣接)
TEL:078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(相続発生後のご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせフォーム
神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室にお任せください 神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室にお任せください
相続財産が金融資産のみ「相続税シンプル申告」16万円~
相続財産に不動産を含む「相続税スタンダード申告」21万円~
司法書士をご案内します「不動産名義変更」9.6万円~
TEL:078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(相続発生後のご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせフォーム
相談は無料です。お気軽にどうぞ
低価格&高品質 地域最安クラスの料金水準
TEL:078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(相続発生後のご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせはこちら