Tel. 078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(ご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせ

隠ぺい等に係る財産の配偶者に対する相続税額の軽減 | 相続が得意な税理士なら神戸三宮の【相続あんしん相談室】

相続手続

隠ぺい等に係る財産の配偶者に対する相続税額の軽減

Question

被相続人から相続又は遺贈によって財産を取得した子(A)は、被相続人の配偶者(乙)の課税価格の計算の基礎となる財産1,000万円を隠ぺいし、その隠ぺいしたところに基づいて、相続税の申告書(相続人は乙とA、課税価格の合計額2億円)を提出していましたが、税務調査により、当該隠ぺい財産が把握され、その後、当該隠ぺい財産を含めて遺産分割(乙の課税価格7千万円(隠ぺい財産1千万円を含む)、Aの課税価格1億4千万円)を行いました。

乙及びAは、上記の事実に基づいて更正の請求及び修正申告の提出をしようとしていますが、その場合、配偶者に対する相続税額の軽減の基礎となる「課税価格の合計額」及び「配偶者に係る相続税の課税価格に相当する金額」は、いくらとなりますか。

Answer

納税義務者の隠ぺい又は仮装により、過少申告があった場合の配偶者に対する相続税額の軽減の金額の計算においては、その計算の基礎となる相続税法第19条の2第1項第2号に規定する「課税価格の合計額」及び「配偶者に係る相続税の課税価格に相当する金額」とは、「課税価格から隠ぺい仮装行為による事実に基づく金額に相当する金額(当該配偶者に係る相続税の課税価格に算入すべきものに限る)を控除した残額」とされています。

したがって、本事例の隠ぺい財産1千万円は、配偶者(乙)が取得しているため、「課税価格の合計額」は2億円、「配偶者に係る相続税の課税価格に相当する金額」は6千万円となり、隠ぺい財産については相続税額の軽減を受けられないことになります。
国税庁 質疑応答事例より

ご参考

昨今の税務調査では、配偶者名義の現預金を被相続人の相続財産と認定する傾向があります。

結婚して40年間、専業主婦で、預金残高数千万円というような場合には、その金額の出どころが本人の収入や先の相続によって取得したものであっても、調査の対象となると考えてよいでしょう。

調査の際に事実と違う認定をされないよう、不安な場合には税理士に相談するようにしましょう。

コラム一覧へ戻る

神戸すえひろ税理士法人
相続あんしん相談室なら

  • 相続専門チームによるスピード対応
    (最短2週間でお受けすることが可能です。)
  • 税務署に指摘されにくい申告書の作成
    (書面添付制度を積極的に利用します。)
  • 担当税理士、元国税調査官税理士、代表税理士による申告書のトリプルチェック
  • 申告内容をもとに分かりやすい料金体系
  • 相続税申告だけでなく、登記や各種手続き全般をサポートします。
  • 二次相続シミュレーション、生前対策にも対応
  • 各線三宮駅から便利なアクセス
    (各線三宮駅より地下道にて直結、神戸市営駐車場隣接)
Tel. 078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(ご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせフォーム
神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室にお任せください 神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室にお任せください
相続財産が金融資産のみ「不動産ゼロプラン」16万円~
相続財産に不動産が含まれる「不動産ありプラン」21万円~
不動産の名義変更手続を任せたい「不動産名義変更プラン」9.6万円~
Tel. 078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(ご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせフォーム
相談は無料です。お気軽にどうぞ
低価格&高品質 地域最安クラスの料金水準
Tel. 078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(ご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせはこちら