捨てられないアナログ会計 | 神戸の税理士なら神戸市三宮の神戸すえひろ税理士法人

相続税、遺産相続の申告・対策なら【相続あんしん無料相談室(神戸すえひろ税理士法人)】
相続税、遺産相続の申告・対策なら【相続あんしん無料相談室(神戸すえひろ税理士法人)】
078-252-2885お問い合わせ

捨てられないアナログ会計

神戸の税理士なら三宮駅スグの神戸すえひろ税理士法人の無料相談

最近、「人工知能」や「AI」などという言葉をよく耳にします。
近い将来、我々の業界はこれらの技術の進歩に伴い、大きく変化することが予想されています。
実際すでに私共の事務所においても、お客様にそういった新しい形のサービスを提供しております。たとえば、お客様の普通預金の通帳にある取引を一瞬にして会計ソフトへ転記して、会計データへ変換を行ったり、これまでその都度入力を行っていた仕訳を毎月自動的に記憶させたりすることが可能になっています。

すべての納税者の方において、このようなサービスを利用できるようになると、我々の会計処理作業は格段にスピードアップすることが予想され、本当に素晴らしい事であると思います。お客様の会計処理にかかる時間を短縮することにより、お打ち合わせにおいてより多くの時間をお客様と一緒に事業の戦略を練ったり、資金繰りの相談をお受けしたりすることに利用できるようになるからです。

しかし、そう考える一方で、これまで通りのアナログな処理もなくならないほうが良いとも思います。
その理由は、我々自身がお客様のすべての取引をひとつひとつ確認しながら入力することによって、お客様の取引や事業の流れが頭の中に入り、お客様と同じ視点でお打ち合わせができるのではという思いがあるからです。
もちろん、自動入力済のデータをしっかり確認してお打ち合わせに臨めば、同じということも言えるかもしれません。しかし、自動で転記された会計データを確認したとしても、やはり手間をかけて自分で入力をしたほうが、しっかりと取引が頭に入り、お客様の事業の内容を正確につかめるような気がします。

これは私自身が不器用であるからかもしれませんが、たとえば子供のころ、期末試験の勉強で暗記を行うときに、見て覚えるよりも、書いて覚えるほうが覚えやすいと教えられたことと同じようなことかもしれません。
処理の効率化を求めて「人工知能」を利用するか、より正確な状況把握のため「手入力」を選択するか、この悩みを解決するには「人工知能」に負けないくらいの処理スピードを身に着けるしかありませんね。

神戸の税理士なら三宮駅スグの神戸すえひろ税理士法人の無料相談