相続税を減らすには

相続税を減らすには

申告しないと特例は
使えません!!

相続税の申告においては相続税額が低くなる様々な制度があります。
たとえば「配偶者の税額軽減(配偶者控除)」「小規模宅地等の特例」などが、その代表的なものです。

しかしながら、これらは「申告をしないと使えない」ということはご存知でしょうか?

「1億6,000万円の配偶者控除があるから相続税はかからない」
「小規模宅地等の特例を使えば、80%減額されるから相続税がかからない」
「これらの制度があるから、申告しなくても大丈夫」とお考えの方も多いと思います。

しかし、これらは相続税の申告書の提出を行って、初めて利用できる制度です。

つまり申告しなければ、「配偶者控除」は使えませんし、「小規模宅地等の特例」で評価が下がることもございません。

配偶者の税額軽減
(配偶者控除)

「配偶者の税額軽減」とはお亡くなりになった被相続人の配偶者である相続人が相続財産を取得した場合に、その配偶者が取得した相続財産にかかる相続税額が大幅に軽減されるというものです。
配偶者は、お亡くなりになった被相続人の財産の形成やその維持に、ともに貢献したものと考え、被相続人がお亡くなりになった後も支障なく生活ができるよう配慮がなされております。

具体的には、相続人である配偶者は法定相続分と1億6,000万円のいずれか多い金額まで相続税が非課税とされています。

例えば、相続財産を2億円とし、配偶者の法定相続分は全財産の2分の1(子供がいる場合)となることから、法定相続分は1億円になります。
この1億円と1億6,000万円では1億6,000万円のほうが多いことから、この配偶者は1億6,000万円まで相続しても相続税はかからないということになります。

仮に相続財産が4億円としますと、配偶者の法定相続分は2億円となります。
1億6,000万円と比較しますと2億円のほうが多いことから、この場合は2億円まで相続しても、配偶者には相続税はかからないということです。

小規模宅地等の特例

小規模宅地等の特例とは、被相続人が住んでいた自宅の敷地について、一定の要件を満たす場合には、土地の相続税評価額(330㎡まで)を80%減額するという特例です。

たとえば、被相続人名義の自宅の敷地の相続税評価額が1億円とし、この土地に対して、小規模宅地等の特例を適用すると80%減の2千万円で評価して相続税を計算することができるのです。

これは被相続人が住んでいた土地は、相続人にとっても生活基盤となる重要な財産であり、このような財産に対してそのまま相続税の負担が発生すると、相続した後の相続人の生活に支障が出る可能性があることから、そういった負担をできるだけ避けるために、大幅に評価額を減額できる特例措置を設けています。

       
078-252-8885 078-252-8885
電話受付:平日9時~18時

相続発生後のご相談は
土日祝も可能!

相談は無料です

事務所案内

Office

神戸すえひろ税理士法人
設立年 2002年8月
所員数 16名(男性税理士3名、女性税理士3名在籍)
代表社員 税理士 阿原 清史(登録番号 第 95483号)
代表社員 税理士 小河 末廣(登録番号 第113277号)
税理士 佐野 理子
税理士 阪本 香里
税理士 下瀨 智子
税理士 田中 弘樹
住所 〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通八丁目3番10号
井門三宮ビル12階
電話番号 078-252-8885(受付:平日9時~18時)
FAX番号 078-252-8886
ご相談 完全予約制。 神戸すえひろ税理士法人では、相続税の申告についての初回のご相談は原則無料でございます。
ただし、実際に相続が発生している場合を対象とさせていただいております。
生前対策など、相続発生前のご相談に関しましては、内容によりご相談料をご請求させていただく場合がございます。
ご相談は土日祝も可能です。お気軽にお問い合わせください。

相続コラム

Column

2024/04/29

遺言書は遺書と何が違う?種類や書くタイミング、注意点を解説

相続コラム
2024/04/22

相続放棄とは|放棄すべき事例や手続きの流れ、注意点を紹介

相続コラム
2024/03/29

タンス預金はバレる!課税される相続と贈与・バレる理由・ペナルティなどを紹介

相続コラム
2024/03/20

みなし相続財産とは|代表例・死亡保険金と死亡退職金の非課税枠や注意点を紹介

相続コラム
2024/02/13

相続税路線価って?計算方法や調べ方を解説

相続手続

プラン内容

Plan

神戸すえひろ税理士法人では、お客様のご状況・ご要望に合わせて さまざまなプランをご用意しております。

預貯金・株など、
金融資産のみの相続申告について
相談したい

シンプル申告プラン

シンプル申告プラン

相続財産に含まれる不動産の数がゼロ件・金融資産のみという方に向けたプランです。

土地・建物も含めた
相続申告について相談したい

スタンダード申告プラン

スタンダード申告プラン

相続財産に不動産が含まれる(複数ある)という方に向けたプランです。

遺産分割協議書の作成を、
相続申告とあわせて依頼したい

相続手続きプラン

相続手続きプラン

面倒な戸籍収集や、遺産分割協議書の作成を行います。

相続申告後、土地・建物の
名義変更を依頼したい

不動産名義変更プラン

不動産名義変更プラン

ご自身での手続きが煩雑な不動産の名義変更について、当法人提携の司法書士をご案内いたします。

       
078-252-8885 078-252-8885
電話受付:平日9時~18時

相続発生後のご相談は
土日祝も可能!

相談は無料です
低価格×高品質 地域最安クラスの料金水準
078-252-8885 078-252-8885
電話受付:平日9時~18時
相続発生後のご相談は
土日祝も可能!
電話で相談予約する