税務調査について

税務調査について

令和2事務年度における相続税調査状況

2015事務年度における相続税調査状況

令和3事務年度における相続税調査状況

2016事務年度における相続税調査状況

相続税の税務調査は、例年、申告件数の約3割程度において実施されています。

また、税務調査となった場合、追徴課税の割合は85%を超えております。

大きな理由として、相続税の申告の複雑さが挙げられます。

相続税申告は、専門的な知識が多く必要であるため、不備が出やすいという傾向があります。

たとえば、相続税の申告を行う場合によく利用される「小規模宅地等の特例」を取り上げてみます。
「小規模宅地等の特例」とは相続が発生した時に、お亡くなりになった被相続人と一緒に住んでいた親族(同居親族)が相続した場合に、その相続した自宅の評価が80%減額されるなどというものです。

この同居親族は「住民票が同じであればよいか」という点が問題になります。

結論から言いますと、これは「ダメ」です。

たとえ住民票が同じであっても、実際に同居していない場合には、この特例を使うことはできません。
この「同居していたかどうか」については、「実際にはわからないのでは・・・」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、そうではございません。
税務署は徹底的に調べます。そして同居していない事実が確認された場合は、この「小規模宅地等の特例」は取り消されます。

税理士事務所に依頼せず、ご自身で申告をした場合は、こういった専門的な部分の理解の誤りにより、税務調査での指摘を受けることが多く発生することとなります。

また、相続財産をすべて相続人が把握できているかという点も問題となります。

被相続人の方(亡くなられた方)が生前、財産の一覧表などを作成し残されているというケースは非常に稀で、多くの場合は、残されたご家族が財産を探すことになります。

また、各種預金通帳についても、生前にご家族にお伝えされていない場合もございます。

ご本人=被相続人の方に確認を取ることができない中、亡くなられる前のご記憶や残された資料等より財産を探していくこととなりますので、申告から漏れてしまう財産がある可能性が高くなってしまうのです。

神戸すえひろ税理士法人相続あんしん相談室では、様々な相続申告業務に携わってまいりました。
相続税の申告を多く経験すると、相続人の方が把握している相続財産から、「ほかにこんな財産もあるのでは・・」という予測が可能になります。
結果、申告書を提出する前に、より正確な相続財産の洗い出しがなされるということにつながります。

税務調査において追加で税金が発生し、さらに加算税、延滞税のリスクを考慮しますと、是非専門家である税理士事務所に申告をご依頼いただくことをおすすめします。

       
078-252-8885 078-252-8885
電話受付:平日9時~18時

相続発生後のご相談は
土日祝も可能!

相談は無料です

事務所案内

Office

神戸すえひろ税理士法人
設立年 2002年8月
所員数 16名(男性税理士3名、女性税理士3名在籍)
代表社員 税理士 阿原 清史(登録番号 第 95483号)
代表社員 税理士 小河 末廣(登録番号 第113277号)
税理士 佐野 理子
税理士 阪本 香里
税理士 下瀨 智子
税理士 田中 弘樹
住所 〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通八丁目3番10号
井門三宮ビル12階
電話番号 078-252-8885(受付:平日9時~18時)
FAX番号 078-252-8886
ご相談 完全予約制。 神戸すえひろ税理士法人では、相続税の申告についての初回のご相談は原則無料でございます。
ただし、実際に相続が発生している場合を対象とさせていただいております。
生前対策など、相続発生前のご相談に関しましては、内容によりご相談料をご請求させていただく場合がございます。
ご相談は土日祝も可能です。お気軽にお問い合わせください。

相続コラム

Column

2024/04/29

遺言書は遺書と何が違う?種類や書くタイミング、注意点を解説

相続コラム
2024/04/22

相続放棄とは|放棄すべき事例や手続きの流れ、注意点を紹介

相続コラム
2024/03/29

タンス預金はバレる!課税される相続と贈与・バレる理由・ペナルティなどを紹介

相続コラム
2024/03/20

みなし相続財産とは|代表例・死亡保険金と死亡退職金の非課税枠や注意点を紹介

相続コラム
2024/02/13

相続税路線価って?計算方法や調べ方を解説

相続手続

プラン内容

Plan

神戸すえひろ税理士法人では、お客様のご状況・ご要望に合わせて さまざまなプランをご用意しております。

預貯金・株など、
金融資産のみの相続申告について
相談したい

シンプル申告プラン

シンプル申告プラン

相続財産に含まれる不動産の数がゼロ件・金融資産のみという方に向けたプランです。

土地・建物も含めた
相続申告について相談したい

スタンダード申告プラン

スタンダード申告プラン

相続財産に不動産が含まれる(複数ある)という方に向けたプランです。

遺産分割協議書の作成を、
相続申告とあわせて依頼したい

相続手続きプラン

相続手続きプラン

面倒な戸籍収集や、遺産分割協議書の作成を行います。

相続申告後、土地・建物の
名義変更を依頼したい

不動産名義変更プラン

不動産名義変更プラン

ご自身での手続きが煩雑な不動産の名義変更について、当法人提携の司法書士をご案内いたします。

       
078-252-8885 078-252-8885
電話受付:平日9時~18時

相続発生後のご相談は
土日祝も可能!

相談は無料です
低価格×高品質 地域最安クラスの料金水準
078-252-8885 078-252-8885
電話受付:平日9時~18時
相続発生後のご相談は
土日祝も可能!
電話で相談予約する