Tel. 078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(ご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせ

相続手続 | 相続が得意な税理士なら神戸三宮の【相続あんしん相談室】

相続手続

隠ぺい等に係る財産の配偶者に対する相続税額の軽減

Question 被相続人から相続又は遺贈によって財産を取得した子(A)は、被相続人の配偶者(乙)の課税価格の計算の基礎となる財産1,000万円を隠ぺいし、その隠ぺいしたところに基づいて、相続税の申告書(相続人は乙とA、 […]

詳しく見る
新型コロナウイルス感染症に関する相続手続の影響について

Question 新型コロナウイルス感染症に関して、相続手続について何か対応策等が法務省から発表されていますか。 Answer 2021年3月13日時点で、法務省のHPには、下記のアナウンスが出ています。 『親族が亡くな […]

詳しく見る
遺言書の内容と異なる遺産の分割と贈与税

Question 被相続人甲は、全ての遺産を長男乙に与える旨(包括遺贈)の公正証書による遺言書を残して亡くなりました。 しかしながら、相続人全員による協議の場において、乙が他の相続人にも甲の遺産を取得してほしいと述べまし […]

詳しく見る
生命保険金と遺留分

通常、生命保険金は遺留分の算定に含まれません。しかし、例外的に含める場合もあります。以下、相談事例で考えてみましょう。 財産はすべて長女!? 他の相続人はいくら請求できる? Question 私の父が亡くなりました。相続 […]

詳しく見る
介護や看護に報いる相続制度が始まりました

相続法の改正で、相続人ではない人へも何らかの財産の分配がなされる「特別の寄与」という制度が創設されました。どのような制度なのでしょうか。 Question 父が亡くなりました。 兄は5年前に亡くなったので、相続人は、次男 […]

詳しく見る
公的年金の未支給部分に相続税はかかる?

公的年金を受け取る前に亡くなった場合、その未支給の公的年金はだれが受け取り、税法上どのように取り扱われることになるのでしょうか。 Question 妻(70歳)が9月20日に亡くなりました。妻が亡くなった翌月の10月15 […]

詳しく見る
自筆証書遺言制度の改正

約40年ぶりに民法(相続関係)が改正され、2019年(平成31年)1月13日に自筆証書遺言の方式を緩和する方策が施行されました。 今回はこの改正について見ていくことにします。 「自筆」であることが重要 従来の民法第968 […]

詳しく見る

日本赤十字社 兵庫県支部よりご案内です。 近年「自分が亡くなった後、これまで築いた財産の一部を日本赤十字社に寄付したい。」といったご相談や、大切な方を亡くされた遺族から「故人の遺産を社会のために役立てて欲しい。」といった […]

詳しく見る
死亡退職金には所得税がかからない?

死亡退職金には所得税がかからない? 退職金を受け取る場合には通常は所得税がかかりますが、相続人が受け取る死亡退職金は、所得税の課税対象とはならず、みなし相続財産として相続税の課税対象となります。 Question 50代 […]

詳しく見る
遺留分にまつわる民法改正

2018年7月、約40年ぶりに相続法(民法)が改正されました。 今回は、遺留分に関する改正内容を取り上げてみたいと思います。 Question 父から会社を継いでもう20年。 父が亡くなったら、20年前にもらった株式も計 […]

詳しく見る
相続財産が金融資産のみ「不動産ゼロプラン」16万円~
相続財産に不動産が含まれる「不動産ありプラン」21万円~
不動産の名義変更手続を任せたい「不動産名義変更プラン」9.6万円~
Tel. 078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(ご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせフォーム
相談は無料です。お気軽にどうぞ
低価格&高品質 地域最安クラスの料金水準
Tel. 078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(ご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせはこちら