Tel. 078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(ご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせ

告別式を2回に分けて行った場合の葬式費用の取扱い | 相続が得意な税理士なら神戸三宮の【相続あんしん相談室】

相続手続

告別式を2回に分けて行った場合の葬式費用の取扱い

Question

X2年3月に死亡した被相続人甲の告別式は、甲の死亡時の住所地であるA市と甲の出身地であるB市の2か所で行いました。

A市での告別式は甲の職場や近所の方、B市での告別式はB市に在住する甲の親族、幼なじみや甲が生前お世話になった方にそれぞれ参列していただきました。

A市及びB市での告別式は、いずれも仏式により行いましたが、甲の遺体はA市での告別式の後、火葬されたため、B市での告別式では、遺骨を祀りました。また、納骨はB市での告別式の約1か月後に行いました。

この場合、B市での告別式に要した費用のいずれも相続税の計算上、控除可能な葬式費用に該当するものとして差し支えないでしょうか。  

Answer

B市での告別式は、A市のみで告別式を行うとB市の知人等が告別式に参列することが困難となることから、参列者の便宜等を考慮し、遺族の遺志によりA市での告別式の後、別途執り行ったものです。

しかし、納骨前に行ったものであり、その内容も遺影及び遺骨を祀り、僧侶により読経とともに、参列者が焼香等を行う仏式により行われたものでA市での告別式と同様であることから、死者の追善供養のための法事ではなく、死者を葬るために行われた儀式であると考えられます。

したがって、B市の告別式に要した費用も、A市の分と同様に、相続税の計算上、控除可能な葬式費用に該当します。    

ご参考

本事例は、平成22年の個別照会事例に基づくものです。コロナ禍で従来のような葬儀が行えないために、葬儀を2回に分けて行うといったケースも出てくるでしょう。

この記事の監修者

税理士
佐野理子

相続担当税理士

税理士法人番号 第3774号

相続担当税理士として、お客様からのご相談をお受けさせていただいております。
これまで多くの相続税申告に携わってまいりました経験をもとに、相続人のみなさま方の立場に立ってご相談をお受けし、申告業務を進めさせていただきます。

コラム一覧へ戻る

神戸すえひろ税理士法人
相続あんしん相談室なら

  • 相続専門チームによるスピード対応
    (最短2週間でお受けすることが可能です。)
  • 税務署に指摘されにくい申告書の作成
    (書面添付制度を積極的に利用します。)
  • 担当税理士、元国税調査官税理士、代表税理士による申告書のトリプルチェック
  • 申告内容をもとに分かりやすい料金体系
  • 相続税申告だけでなく、登記や各種手続き全般をサポートします。
  • 二次相続シミュレーション、生前対策にも対応
  • 各線三宮駅から便利なアクセス
    (各線三宮駅より地下道にて直結、神戸市営駐車場隣接)
Tel. 078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(ご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせフォーム
神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室にお任せください 神戸すえひろ税理士法人 相続あんしん相談室にお任せください
相続財産が金融資産のみ「不動産ゼロプラン」16万円~
相続財産に不動産が含まれる「不動産ありプラン」21万円~
不動産の名義変更手続を任せたい「不動産名義変更プラン」9.6万円~
Tel. 078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(ご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせフォーム
相談は無料です。お気軽にどうぞ
低価格&高品質 地域最安クラスの料金水準
Tel. 078-252-8885

電話受付:平日9時~18時
(ご相談は土日祝も可能!)

お問い合わせはこちら